2022年7月24日日曜日

Garmin Forerunner 955とGarmin Foreathlete 910XTJのGPS精度比較

 今回はGarmin Foreathlete 910(以下910)とGarmin Forerunner 955(955)の比較です。GPS精度の良いGPSウォッチを求めていろいろと探してきましたが、待っていた955がようやく発売されたので手に入れました。マルチバンド対応(L1信号・L5信号)で、ビルの谷間や林間部でGPS精度が向上するといわれています。


955を手に入れてから10コースを比較のために走ってみました。結果を最初に言うと、GPSの精度は955よりも910の方が良さそうです。計測距離は955よりも910の方が正しそうですし、走った所をより正確にトレースできていそうです。955はこれまで比較してきた機種と比べると910に近いですが、折り返しの位置がちょっと短かったり、カーブをちょっとショートカットして記録する癖があるようです。

10コースの走行結果を表にまとめると以下の通りです。計測時は910と955は両方とも左腕につけて走りました。左腕右腕の差による距離の差はありません。停まっているときに同じスタート・ゴールの場所で計測開始・終了を押しています。また、レコーディングレートは毎秒です。ほぼ同等の計測条件です。違うのは955をマルチバンド対応(L1信号・L5信号)設定にしてあるだけです


この表からわかる傾向は、まず910の計測距離の方が955よりもほとんどのケースで長くなっています(常磐道沿いだけは長さが同じなので、これだけは例外です)。ほぼ直線のコースだと1kmあたりの差は1~3 mで、周回コースになると0~21 m、折り返しや曲がりが多いお絵描きコースだと2~6 mズレてしまうようです。Mapでの計測距離と比較すると910の方が良さそうです。

910と955GPSの軌跡を地図に重ねて比べてみると、どちらもGPSの軌跡の重なり具合が良いようですし、実際に走ったようにトレースできているようです。ただ、955は折り返しの位置がちょっと短かったり、カーブをちょっとショートカットして記録する癖があるようです。例えば以下のタツノオトシゴコースの軌跡の結果では、左が910の軌跡で、右が955の軌跡ですが、微妙な違いですが、折り返しの位置がちょっと短かったり、カーブをちょっとショートカットして記録している傾向があるのが分かります。


この結果では955のGPS精度は910に近いものの、ちょっと劣っているかなと言う感じです。910は10年近く前に発売された物ですが、GPS精度に関しては非常に完成度が高かったようです。その後はデザインをスタイリッシュにしたり、光学式心拍計などを組み込んだりして、GPS精度が犠牲になっているのではないかと思います。ただ、955の良い所としては以下の点があります。

  • GPSの電波捕捉が速く、空の見える開けた場所だとだいたい数秒から十数秒ぐらいで捕捉完了になる。同じ条件で9102-3分ぐらいかかる。
  • 歩数・ピッチ・歩幅・心拍数・ボディーバッテリー・暑熱順化などのデータが取れる。

910の難点はGPSロストがたまに発生するところですね。ビル街や林間コースなど空が見えにくい所を走っていたり、特に問題ないような所を走っていてもごく稀にGPSの軌跡がどこかへ飛んで行ったり、ロストしたりします。955は買ってから今日までの3週間ちょっとはロストしたことはありません。マルチバンド対応のおかげで複数の周波数でGPS電波を受信するのでロストしにくいのでしょう。910がかなり痛んできているので、精度が比較的高く、ロストしにくい955が今後の相棒になりそうです。

この結果は個体差の可能性もあるので、常に910の方が955よりもGPSの精度は良いということは言えません。この結果が統計的に普遍性があるかは、少なくともそれぞれ30台ぐらいのデータを集めないとハッキリとは言えません。

2022年7月2日土曜日

Garmin Legacy Hero Series: First AvengerとGarmin Foreathlete 910XTJのGPS精度比較

今回はGarmin Foreathlete 910(以下910)とGarmin Legacy Hero Series: First Avenger(Avenger)の比較です。GPS精度の良いGPSウォッチを求めていろいろと探していますがちょっと寄り道です。Avengerをオークションで安く落札できてしまったので。Avengerは映画などで有名なMarvelのAvengersとコラボしたスペシャルエディションスマートウォッチです。ランニングや筋トレなどで使って条件を満たすことで、これでしか貰えないバッジが貰えます。


Avengerを手に入れてから11コースを比較のために走ってみました。結果を最初に言うと、GPSの精度はAvengerよりも910の方が良さそうです。計測距離はAvengerよりも910の方が正しそうですし、走った所をより正確にトレースできていそうです。

11コースの走行結果を表にまとめると以下の通りです。計測時は910とAvengerは両方とも左腕につけて走りました。左腕右腕の差による距離の差はありません。停まっているときに同じスタート・ゴールの場所で計測開始・終了を押しています。また、レコーディングレートは毎秒です。ほぼ同等の計測条件です。

この表からわかる傾向は、まず910の計測距離の方がAvengerよりもほとんどのケースで長くなっています(どんぐり公園だけは長さが同じなので、これだけは例外です)。ほぼ直線のコースだと1kmあたりの差は1~2 mで、周回コースになると0~14 m、折り返しや曲がりが多いお絵描きコースだと6~16 mズレてしまうようです。

Mapでの計測距離と比較すると910の方が良さそうです。

910とAvengerGPSの軌跡を地図に重ねて比べてみると、910の方がGPSの軌跡の重なり具合が良いようですし、実際に走ったようにトレースできているようです。例えば以下の3種類の周回コースの軌跡の結果では、左の3つがAvengerの軌跡で、右の3つが910の軌跡ですが、910の方が軌跡の重なりぐらいが良いですし、Avengerはスタート地点とゴール地点が910よりもズレています。

この結果ではAvengerのGPS精度は良くなさそうです。910は10年近く前に発売された物ですが、GPS精度に関しては非常に完成度が高かったようです。その後はデザインをスタイリッシュにしたり、光学式心拍計などを組み込んだりして、GPS精度が犠牲になっているのではないかと思います。ただ、Avengerの良い所としては以下の点があります。

  • GPSの電波捕捉が速く、空の見える開けた場所だとだいたい数秒から十数秒ぐらいで捕捉完了になる。同じ条件で9102-3分ぐらいかかる。
  • 歩数・ピッチ・歩幅・心拍数などのデータが取れる。
  • 見た目はAvengerコラボ仕様なので、910や920や935よりもおしゃれ。

この結果は個体差の可能性もあるので、常に910の方がAvengerよりもGPSの精度は良いということは言えません。この結果が統計的に普遍性があるかは、少なくともそれぞれ30台ぐらいのデータを集めないとハッキリとは言えません。

2022年6月19日日曜日

サブスリー251回達成

 サブスリー251回を達成したので、251回目までのリストを上げておきます。

150回目と151回目の間に3つ番号を付けていない結果がありますが、これは緊急事態宣言の影響でこの期間はカウントしないことになっているので、回数の記録に含めていません。世界中でフルマラソンの完走回数をカウントして競っている団体などがあるのですが、緊急事態宣言のような時に走ってもカウントしないというコンセンサスになっております(私が走ったエリアの場合は2020年4月20日から2020年5月25日まで)。ゆえにこの3回は回数記録に含めません。

サブスリー回数の世界記録は277回で、その前の世界記録が212回なので、世界歴代2位だと思います。あと世界記録まで26回です。

251回の間に色々とありました。3日連続サブスリーしたり、2日連続でフルマラソン走って2日目で自己ベスト出したり、4顔マラソン走ったり、川の道やさくら道を走ったり、ワールドマラソンメジャーズ6大大会制覇したり、チャレンジ2020に協力したり、子ども産まれて月間走行距離が半分ぐらいになったり、46週連続サブスリー、1年間でサブスリー54回したり、2人目の子ども産まれて更に走る時間を取りにくくなったり。






2022年5月5日木曜日

Garmin Foreathlete 920XTJ とGarmin Foreathlete 910XTJのGPS精度比較

GPS精度の良いGPSウォッチを探して、近々発売されると予想されているGarmin Foreathlete 955を待っているのですがなかなか発売されないので、Garmin Foreathlete 920XTJ(以下920)を手に入れました。Garmin Foreathlete 910XTJ(以下910)とGarmin Foreathlete 935(以下935)の間の世代のGPSウオッチです。

中央が920、左が910、右が935。

920を手に入れてから10コースを比較のために走ってみました。結果を最初に言うと、GPSの精度は920よりも910の方が良さそうです。計測距離は920よりも910の方が正しそうですし、走った所をより正確にトレースできていそうです。

10コースの走行結果を表にまとめると以下の通りです。計測時は910と920は両方とも左腕につけて走りました。左腕右腕の差による距離の差はありません。停まっているときに同じスタート・ゴールの場所で計測開始・終了を押しています。また、レコーディングレートは毎秒です。ほぼ同等の計測条件です。

この表からわかる傾向は、まず910の計測距離の方が920よりも全てのケースで長くなっています。ほぼ直線のコースだと1kmあたりの差は約2~4 mで、周回コースになると約2~30 m、折り返しや曲がりが多いお絵描きコースだと約9~24 mズレてしまうようです。

Mapでの計測距離と比較すると、Map距離に910の方が近いものが多いので、910が優勢と言った感じです。実際のランニングでは人や車や凸凹などを避けてまっすぐ走っていなかったり、折り返しやカーブでは膨んだりしているので、Mapでの計測距離よりも若干長く走っているはずです。これを考慮するとほぼ直線や周回コースでも実際に走った距離は910の方が近いのではないかと思います。

910と920GPSの軌跡を地図に重ねて比べてみると、910の方がGPSの軌跡の重なり具合が良いようですし、実際に走ったようにトレースできているようです。例えば以下のタツノオトシゴコースの軌跡の結果では、左が910の軌跡で、右が920の軌跡ですが、910の方が比較的軌跡の重なりぐらいが良いですし、折り返しの場所が少しだけ遠くに記録されています。

この結果では920には910ほどの精度は無さそうです。920は935よりもGPS精度は若干良いようですが、910には敵わないようです。910は10年近く前に発売された物ですが、GPS精度に関しては非常に完成度が高かったようです。その後は本体が小さく薄くなったり、デザインをスタイリッシュにしたり、光学式心拍計などを組み込んだりして、GPS精度が犠牲になっているのではないかと思います。ただ、920の良い所としては以下の点があります。

  • GPSの電波捕捉が非常に速く、空の見える開けた場所だとだいたい10秒以内ぐらいで捕捉完了になる。同じ条件で9102-3分ぐらい、935は1分ぐらいかかる。
  • 歩数・ピッチ・歩幅などのデータが取れる。
  • 見た目は青がアクセントとして使われているので、910よりもおしゃれ。

この結果は個体差の可能性もあるので、常に910の方が920よりもGPSの精度は良いということは言えません。この結果が統計的に普遍性があるかは、少なくともそれぞれ30台ぐらいのデータを集めないとハッキリとは言えません。

2022年4月3日日曜日

桜の花

長女が幼稚園でさくら組に進級したので「桜の花」コースを作りました。

RunGoはこちら

2022年3月19日土曜日

四つ葉のクローバー

世界に平和と幸運をという願いを込めて「四つ葉のクローバー」コースを作りました。

RunGoはこちら

2022年3月3日木曜日

NO WAR

戦争が無くなるようにという願いを込めて「NO WAR」コースを作りました。


RunGoはこちら

https://routes.rungoapp.com/route/wMQvhZk65w

2022年2月12日土曜日

Garmin Approach S62 とGarmin Foreathlete 910XTJのGPS精度比較

GPS精度の良いGPSウォッチを探してみたところ、みちびきのL1S信号に対応しているGarmin Approach S62(以下S62)が良さそうなので手に入れました。ほとんどのGPSウォッチはみちびきに対応していてもL1C/A信号という通常のGPSとほとんど変わらない精度の信号しか受信していないのですが、S62はL1S信号によって電離層遅延による誤差を補強できるのでサブメーター級の精度が実現できるのだそうです。S62はゴルフ用ですが、ランニングも計測可能です。ゴルフ用のGPSウォッチがL1S信号に対応していて、ランニング用が対応していないのは、ゴルフではレーザー距離計という精度が非常に良い競合が居るからでしょう。

S62を手に入れてから10コースを比較のために走ってみました。結果を最初に言うと、GPSの精度はS62よりもGarmin Foreathlete 910(以下910)の方が良さそうです。計測距離はS62よりも910の方が正しそうですし、走った所をより正確にトレースできていそうです。

10コースの走行結果を表にまとめると以下の通りです。計測時は910とS62は両方とも左腕につけて走りました。左腕右腕の差による距離の差はありません。停まっているときに同じスタート・ゴールの場所で計測開始・終了を押しています。また、レコーディングレートは毎秒です。ほぼ同等の計測条件です。

この表からわかる傾向は、まず910の計測距離の方がS62よりもほとんどのケースで長くなっています(往復5kmだけはS62の方が長いので、これだけは例外です)。ほぼ直線のコースだと1kmあたりの差は-4~2 mで、周回コースになると1.7~14 m、折り返しや曲がりが多いお絵描きコースだと3~18 mズレてしまうようです。

Mapでの計測距離と比較すると、S62の方がMap距離に近かったり、910の方が近かったり、ほぼ引き分けと言った感じです。実際のランニングでは人や車や凸凹などを避けてまっすぐ走っていなかったり、折り返しやカーブでは膨んだりしているので、Mapでの計測距離よりも若干長く走っているはずです。これを考慮するとほぼ直線や周回コースでも実際に走った距離は910の方が近いのではないかと思います。

910とS62GPSの軌跡を地図に重ねて比べてみると、910の方がGPSの軌跡の重なり具合が良いようですし、実際に走ったようにトレースできているようです。例えば以下の3種類の周回コースの軌跡の結果では、左の3つがS62の軌跡で、右の3つが910の軌跡ですが、910の方が軌跡の重なりぐらいが良いですし、真ん中のコースではS62のスタート地点が15mぐらいズレています。

この結果ではS62には期待ほどの精度は無さそうです。常に動いているランニング中はL1S信号を使っておらず、ゴルフ中にグリーンとの距離計測をしているときなど静止しているときでないとL1S信号を使っていないのでしょうか。S62は935よりもGPS精度は良くなっているようですが、910には敵わないようです。910は10年近く前に発売された物ですが、GPS精度に関しては非常に完成度が高かったようです。その後はデザインをスタイリッシュにしたり、光学式心拍計などを組み込んだりして、GPS精度が犠牲になっているのではないかと思います。ただ、S62の良い所としては以下の点があります。

  • GPSの電波捕捉が速く、空の見える開けた場所だとだいたい1分以内ぐらいで捕捉完了になる。同じ条件で9102-3分ぐらいかかる。
  • 歩数・ピッチ・歩幅・心拍数などのデータが取れる。
  • 見た目は赤がアクセントとして使われているので、910や935よりもおしゃれ。

この結果は個体差の可能性もあるので、常に910の方がS62よりもGPSの精度は良いということは言えません。この結果が統計的に普遍性があるかは、少なくともそれぞれ30台ぐらいのデータを集めないとハッキリとは言えません。

2021年12月25日土曜日

Garmin Foreathlete 910XTJとGarmin Foreathlete 935のGPS精度比較

Garmin Foreathlete 910XTJ(以下910)が中古で安く売っていたので手に入れました。3年ほど前に910が故障したので、Garmin Foreathlete 935(以下935)に買い換えましたが、どうもGPSの精度が910よりもよろしくないのではと思っていました。例えば、距離が短かったり、同じところを走ったはずなのに線がズレていたり、急カーブや折り返しをショートカットして記録していたりということがありました。910が中古で安く売っていたら買って、実際にどうなのか試してみようと思っていました。

 

910を手に入れてから10コースを比較のために走ってみました。結果を最初に言うと、GPSの精度は935よりも910の方が良さそうです。計測距離は935よりも910の方が正しそうですし、走った所をより正確にトレースできていそうです。

 

10コースの走行結果を表にまとめると以下の通りです。計測時は910935は両方とも左腕につけて走りました。左腕右腕の差による距離の差はありません。停まっているときに同じスタート・ゴールの場所で計測開始・終了を押しています。また、両方ともみちびき対応(補完信号 L1C/A)ですし、レコーディングレートは毎秒です。ほぼ同等の計測条件です。


この表からわかる傾向は、まず910の計測距離の方が935よりもほとんどのケースで長くなっています(つくばエクスプレス沿い①は同じ計測距離なので、これだけは例外です)。ほぼ直線のコースだと1kmあたりの差は2-3 mで、周回コースになると10-15 m、折り返しや曲がりが多いお絵描きコースだと24-50 mもズレてしまうようです。

 

Mapでの計測距離と比較すると、ほぼ直線や周回コースでは935の方がMap距離に近かったり、910の方が近かったり、同じだったりと、ほぼ引き分けと言った感じです。お絵描きコースでは3コースとも910の方が近いです。実際のランニングでは人や車や凸凹などを避けてまっすぐ走っていなかったり、折り返しやカーブでは膨んだりしているので、Mapでの計測距離よりも若干長く走っているはずです。これを考慮するとほぼ直線や周回コースでも実際に走った距離は910の方が近いのではないかと思います。

 

910935GPSの軌跡を地図に重ねて比べてみると、910は走ったコースを安定してトレースできているようですが、935は道ではない住宅などを通り抜けて走ったように記録しており、ショートカットして記録している箇所が散見されます。この例は以下の画像のタツノオトシゴコースで顕著に見られます。左が935で、右が910GPSの軌跡です。左の935の軌跡では、目が潰れていたり、口の上側の付け根のあたりで住宅を通り抜けていたりして、ショートカットして記録しているのが分かります。他にも935はスタートとゴールが50mぐらいズレていたり、真っすぐ走ったはずの尻尾の所で右折左折を繰り返していたりします。


GPSの精度としては、古い機種の910の方が935よりも良いようです。ただ、935の良い所としては以下の点があります。

  • GPSの電波捕捉が速く、空の見える開けた場所だとだいたい1分以内ぐらいで捕捉完了になる。同じ条件で9102-3分ぐらいかかる。
  • 歩数・ピッチ・歩幅・心拍数・気温などのデータが取れる。
  • 見た目は910よりもおしゃれ。

お絵描きコースなど走った所を正確にGPSの軌跡を取りたいときは910で、周回コースもできれば910で走るのが良さそうです。なるべく早く走りだしたいときや、ピッチや心拍数などのデータを取りたいときは935と言うように使い分けるのが良さそうです。

 

この結果は個体差の可能性もあるので、常に910の方が935よりもGPSの精度は良いということは言えません。この結果が統計的に普遍性があるかは、少なくともそれぞれ30台ぐらいのデータを集めないとハッキリとは言えません。知りたい人がいたらGarmin Foreathlete 910とか935とか、あるいは920とか945を私に買ってください。データ取りして結果を報告しますよ。


2021年11月21日日曜日

フルマラソンを23回走ったアルファフライ Next% の耐久性

 フルマラソンを23回走ったアルファフライ Next% の靴裏の摩耗具合の画像です。この靴は普段の練習などで使わず、フルマラソンを走るときにだけ使っていました。フルマラソンの時の行き帰りの道をこの靴で歩いたこともありますが、基本的にフルマラソンをそれだけ走った時の摩耗具合になります。

つま先あたりの黒い素材の方は摩耗していて、溝・凸凹具合が薄くなってきています。かかとあたりの白い素材の方も結構痛んでいるようです。ただ、グリップ性はとクッション性はまだあったので、これらの素材の耐久性はまだまだありそうです。

ただ、反発はだいぶ弱くなった感じです。カーボンプレートとZoom Xフォームの組み合わせでの反発性はフルマラソン23回程度(走行距離約1,000km)が限界でしょうか。

アルファフライ Next%は真っ平らな路面でないと、走っていて凸凹などに足を取られてバランスが崩れたときに、エアポッドが内側にせり出している部分がくるぶしに当たって怪我をすることが結構良くありました。大会コースによっては1回のフルマラソンで20回ぐらい当たったこともあったと思います。この点が改良されない限り、エアポッド付きのシューズを買うことはもうないですね。


フルマラソンを23回走ったアルファフライの裏